体の疲れを取る入浴方法とは?疲れたらお風呂が一番?!

しじみにんにく

体の疲れを取る入浴方法とは?疲れたらお風呂が一番?!

仕事や遊びで疲れたら、やはりお風呂ですよね〜♪日本人の最高の癒しの場です。汗と共に老廃物をしっかりと排泄し、体の疲れを取りましょう。カラスの行水はNG、寿命を縮めるだけです。疲れに効果的な入浴方法を紹介します。


疲れに効果的な入浴方法は?バスクリンの実験によると…

疲れを取るには、お風呂が一番です。
今回は、どんな入浴方法が疲れに効くか、ちょっと調べてみたので紹介します。

 

 

入浴方法には個人差があります。湯温が熱いのが好きな人、低いのが好きな人、カラスの行水の人もいれば、じっくり長湯をする人もいます。

 

 

入浴剤で有名な株式会社バスクリンの実験によると、39度のお風呂に15分入った場合と、42度で3分入った場合では、前者の方が体が温まることがわかったそうです。

 

 

心臓から押し出された血液が、全身を巡って戻ってくるのに、約1分です。3分では3回しか循環しませんが、15分入れば、温まった血液が15回循環し、抹消の毛細血管まで行き渡ります。

 

 

夏は39度で15分、冬は浴室の温度が低くなるので、40度で15分を目安にします。ただし、高温での長時間の入浴は、ストレスが大きくなり逆効果です。とくに、高血圧の方や高齢者の方は注意が必要です。

 

 

ゆっくりと長湯をしたい時は、浴室の室温も大切です。暑過ぎればのぼせてしまうし、冷えた浴室では血圧が上がりやすくなってしまいます。

 

 

入浴効果を感じる室温は、22度だそうです。寒いときは、入浴前にタイルの床、壁などに熱めのシャワーをかけると良いでしょう。暑いときは、換気扇を回すなどします。

 

 

そして、長湯をする時は、水圧によるストレスを避けるために、湯船のお湯の深さをみぞおち位までにし、半身浴にするのがおすすめです。一日の疲れを入浴で癒したい時は、39度くらいの湯温で心身をリラックスさせるのが一番です。

 

 

入浴中は、汗腺が開き、ペットボトル1杯の汗をかくようなこともあります。体内の老廃物が出ているのですが、同時に体内の水分も失われた状態です。

 

 

脱水状態を防ぐため、ドロドロ血液を防ぐため、入浴後は素早い水分補給が必要です。少しずつ、ゆっくりと飲むのが良いでしょう。

 

 

汗で失われた塩分を補給するのに、ミネラル豊富は岩塩を少し舐めるのも良いでしょう。入浴前に、コップ1杯の水を飲んでおくと、さらに良いと思います。

 

 

そうそう、お気に入りの入浴剤を入れれば、さらにバスタイムが楽しくなります♪

 

 

黒酢にんにく