肝臓の腎臓の働きを良くするには、すっぽんが最適です。

しじみにんにく

肝臓の腎臓の働きを良くするには、すっぽんが最適です。

肝臓の腎臓の働きを良くするには、アミノ酸をバランスよく摂ることがポイントです。そういう意味で、すっぽんは本当に優れた食品です。全てのアミノ酸がバランス良く含まれています。

 


すっぽんには、全てのアミノ酸がバランス良く含まれています。

ご存知の通り、体は絶えず新陳代謝をしています。タンパク質やアミノ酸がいったん血や肉になったとしもて、絶えず老廃物として、体外に排泄されています。なので、毎日しっかりと補充することが大切です。

 

 

体の中でも、臓器によって、そのサイクルが変わってきます。タンパク質の出入りが最も激しいのが肝臓です。次に、腎臓、心臓、脳、筋肉と言われています。

 

 

肝臓や腎臓は、常に良質はタンパク質やアミノ酸を必要としています。タンパク質、アミン酸が不足してくると、肝臓や腎臓に負担をかかり、体の不調や疲れを感じます。

 

 

いったい、1日にどの位のアミノ酸を摂取すれば良いのでしょうか?

 

 

一説では、1日70gのアミノ酸を必要だとする説もあります。これは、呼吸したり運動したり、あるいは脳が働くのに50g必要で、新陳代謝で排泄されるのが20gと考えられたものです。

 

 

では、アミノ酸を摂取する際に、どういうことが大切なのでしょうか?

 

 

それはバランスだといいます。アミノ酸は、20種類あります。この中で、体の中で作ることができるアミノ酸を非必須アミノ酸といいます。体の中で作ることができない、すなわち、食事などで摂取しないとならないアミノ酸を必須アミノ酸といいます。必須アミノ酸は、8種類あります。

 

 

大事なことは、この20種類のアミノ酸が1つでも欠けると、タンパク質が合材できないということです。要するに、他のアミノ酸がどれだけ多くとも、バランスが悪いと、うまくタンパク質が合成されないということです。

 

 

アミノ酸がバランス良く摂ることは非常に大切です。そういう意味で、すっぽんは本当に優れた食品です。全てのアミノ酸がバランス良く含まれています。

黒酢にんにく