プチ断食で疲れをとる

しじみにんにく

プチ断食で疲れをとる

疲れている時に、栄養を付けようと食べ過ぎると、返って疲労感を感じます。その理由は?

 

 


食べ過ぎは疲れのもと

疲れを感じたときに、栄養をつけようと、食事をしっかりと摂ろうと考える人がいます。とくに、疲れを摂ろうと甘いものを食べたり、スタミナを付けようと油っこい肉系の食事をsるう人がいます。

 

実は、食事を摂ること自体が疲れの原因になることがありますし、甘いものも、肉系の食事も疲れのもとです。翌日は胃がむかつき、身体が重く感じらたりします。

 

 

食べ過ぎがなぜ疲れの原因なのか?

 

 

食べ過ぎると、血液中に老廃物が溜まります。身体は、老廃物を体外へ出そうと発熱します。胃は消化をしようと、休みなく働きます。さらりには、甘いものも、肉系の食事も血液の巡りを悪くします。

 

 

食欲がないのに栄養をつけようと、無理に食べるのは控えるべきです。空腹感を感じたら、1食抜いた方が、疲労回復には効果的です。

プチ断食をすると身体が軽くなる

私は時折、断食をします。断食をすると身体の中の老廃物が体外に出ます。すると、本当に身体が軽く感じ、健康を実感できます。日ごろ如何に食べ過ぎているかが分かります。

 

 

急に断食が難しい方には、プチ断食がおススメです。1日1食にして、お腹に食べ物が入っていない時間を半日以上つくります。プチ断食も疲労回復にはかなり効果があります。

 

 

私がよく行うプチ断食は、朝に青汁と黒酢サプリメントを飲みます。朝食は摂りません。そして、ランチは抜きます。夕飯まで何も食べません。夕飯も、腹6程度にします。そして、肉系の食事は避け、雑穀と野菜の食事にします。

 

 

これで、かなりの健康効果を感じる思います。「ちょっと疲れた〜」、「体調がいまいち〜」という状態になったら、食べないことです。栄養をつけようとしっかりと食べてしまうと、疲労感を感じますので要注意です。

黒酢にんにく