二日酔いにならない方法

しじみにんにく

二日酔いにならない方法

お酒が好きで飲み過ぎてしまう方、翌朝お酒が残って疲れが取れないという方へ。二日酔いにならない方法を紹介します。二日酔い防止には、黒酢が効果的です。

 


黒酢が二日酔い防止に効果的

二日酔いに黒酢が有効です。お酢には酢酸が含まれているので、肝臓のアルコール分解機能を促進してくれます。宴会の前などに黒酢を飲んおくと良いです。

 

 

私は、お酒好きで毎日晩酌をしています。若い頃からの習慣です。若い頃はなんでもありませんでした。晩にかなりの量のお酒を飲んでも、翌朝は元気いっぱいです。

 

 

ところが、40代前半から、翌朝お酒が残るようになりました。少量ならまだ大丈夫ですが、少し多く飲むと二日酔いです。

 

 

「40歳を越えて、お酒に弱くなったな〜」と思っていました。朝起きると疲労感があり、疲れが抜けていません。

 

 

身体が重く感じられ、エンジンがかかるまでに時間がかかります。酷い時は、大して飲んでいないのに、午前中いっぱい仕事にならない日もありました。

 

 

ところが、黒酢を飲むようになって朝起きるのが楽になりました。すっきりとしています。前の晩の疲れを感じなくなりました。

 

 

おそらく黒酢の効果で、肝臓の機能が高まったのだと思います。黒酢効果を実感した瞬間でした。

 

 

お酒が好きで毎晩晩酌をする方、宴会などでの飲み過ぎが心配な方は、黒酢を試してみると良いと思います。

黒酢はサプリで手軽に摂れる!

黒酢を飲むならサプリメントタイプが便利です。酸っぱさや酢の匂いを気にしないで飲めます。また、常時携帯もできて便利です。手軽に、酢の成分を補給することができます。お酒を飲む前には、飲んでおくようにします。

 

 

但し、黒酢に頼って飲み過ぎては意味がありません。お酒は程々にしましょう。飲み過ぎない工夫も併せて行うことが大事です。

 

 

飲み過ぎは工夫で有効なのが、飲む前に何か食べておくことです。空腹では飲まないことです。おにぎり1つで良いので、お腹に入れておけば、アルコールの吸収をかなり遅くすることができます。

 

 

普段から黒酢サプリを飲んでおく、空腹時には飲まない、この2つは、二日酔い防止にかなり効果的です。疲れやすい年齢になって、お酒を楽しめます。

 

 

今回は、二日酔いならない方法を紹介しました。

黒酢にんにく