「全身がだるい、疲れやすい…」その原因と改善法は?

しじみにんにく

「全身がだるい、疲れやすい…」その原因と改善法は?

全身がだるく、少し動くだけで体が疲れるようになりました。低血圧症、自律神経失調症、慢性疲労症候群、貧血などが考えられます。その対策と改善方法は?

 


低血圧症、自律神経失調症、慢性疲労症候群、貧血が考えられます。

少し前のこと。相続問題にかかわることになりました。相続問題は大変と聞きますが、本当にそうでした。それに加え、仕事のトラブルも重ねり、精神的疲労のピークでした。

 

 

疲れが溜まり、自律神経の乱れも感じました。症状としては、少し動くだけで体が疲れるようになりました。体が重く、だるいだけでなく、めまいも感じました。

 

 

疲れやすく、全身のだるさを感じる原因は?

 

 

多くは、日常生活に原因があります。例えば、過労、睡眠不足、ストレスの蓄積、不規則な生活や食事などです。

 

 

対策は、少しでも思い当たることがあれば、改善する工夫をすることです。バランスの良い食事や鉄分の多い食事を摂ることも有効です。栄養のバランスをとるために、黒酢サプリはおススメです。

 

 

また、医師の診療を受け、内科の検査で異常がない場合は、心療内科を受診することも必要です。

 

 

症状別に少し詳しく説明します。

 

 

▼低血圧症

 

女性に多く見られます。多くは、朝に全身がだるくなり、昼になると少し良くなります。通勤や仕事で体を動かすと、血圧が上がるからです。

 

 

対策は、十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動などです。

 

 

▼貧血

 

女性に多いのが生理に伴う貧血です。鉄分が不足して赤血球の主成分であるヘモグロビンが減り、細胞が酸欠状態となり、全身がだるく、疲れが抜けなくなります。

 

 

対策は、鉄分の多いレバーや赤身、緑黄色野菜など十分に摂ることです。

 

 

▼自律神経失調症

 

自律神経の乱れによって起こります。天候などの影響で日によって症状が変化しやすい傾向があります。

 

 

対策は、自律神経失調症を特異的に治す薬はありません。ストレス対策をしたり、運動がおススメです。鍼灸、指圧、マッサージ、ヨガなども改善に有効です。

 

 

▼慢性疲労症候群

 

体のだるさや倦怠感が強く、検査をしても異常がない病気です。病気のメカニズムや原因がはっきりしないため、正式な病名でないとする医師もいます。

 

 

▼その他に考えられる病気

 

肝臓の病気や甲状腺機能低下症、糖尿病、うつ病、がんの可能性もあります。

 

 

■「 美めぐり習慣 」


 

クラクラ、めまい、疲れやすい・・・、
つらい貧血に悩む女性の為の鉄分補給サプリメント
鉄分サプリの新定番!美めぐり習慣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒酢にんにく