酒を飲むと疲れがたまる…。飲み方を変えたら、体調が戻った。

しじみにんにく

酒を飲むと疲れがたまる…。飲み方を変えたら、体調が戻った。

僕はストレスを感じるとお酒の量が増えるタイプです。すると、どうしても翌朝お酒が残ります。疲れが抜けるどころか、疲れがたまります。ビール、日本酒などを飲むと特にそうです。対処方法は?

 


ビール、日本酒、ワインを多く飲むと駄目です。発泡酒は論外?

僕は、ストレスが溜まるとお酒の量が増えてしまいがちです。人は、何か上手く行かない時、不幸な出来事があった時など常時ストレスを感じています。ストレスを感じるとお酒や食事に逃げてしまう人も多いと思います。

 

 

いつもよりお酒を多く飲んだり、やけ食いやドカ食いへ走ってしまったりします。僕はまさしくこのタイプです。なので、仕事でもプライベートでも、問題事が起きると体重計の数字が上がります。

 

 

そして、お酒の量が増えると疲れやすくなります。お酒を飲んで気分転換ができ、翌朝快調なら良いのですが、朝からどっと疲れています。前の日のお酒が残っています。疲れるから仕事が捗らないし、余計にストレスが溜まるという悪循環が始まります。

 

 

かと言って、ストレスを無くすのも無理な話です。人は生きている以上、様々なストレスを受けます。ゼロにすることは不可能です。ストレスを無くそうとすれば、かえってイライラし、余計にストレスが溜まります。

 

 

そこで僕が始めたのが、お酒を上手に付き合うストレス対策です。ストレス対策には一番アルコールが良いですよ。ただ、飲み過ぎると悪循環に嵌るので、適量を飲む工夫をしています。

 

 

僕の好きなお酒はビールと日本酒ですが、飲むお酒の種類を変えました。最近、糖質ゼロのお酒が流行っていますが、糖の多く含むお酒の飲まないことが大切のようです。糖を多く含んだお酒を飲むと、やはり調子が悪いですよ。

 

 

ご存知かと思いますが、お酒は2種類に分けることができます。醸造酒と蒸留酒です。

 

 

・醸造酒→日本酒、ワイン、ビールなど

 

・蒸留酒→焼酎、ウィスキー、ブランデーなど

 

 

醸造酒は、穀物や果実などをアルコール発酵させたものです。糖質を多く含みます。一方、蒸留酒は、醸造酒を蒸留させてアルコールなどの揮発成分を濃縮したものです。糖質がカットされています。

 

 

糖質の多いビールなどは、アルコールの度数が低く、多く飲んでしまいがちなので要注意ですね。体にダメージを与えます。

 

 

また、安いお酒も要注意です。安いお酒は不純物が多く、肝臓へ負担をかけます。悪酔いもしやすく、体にダメージを与えます。添加物が多いカロリーオフの発泡酒などには手を出さない方が良いようです。

 

 

だからと言って醸造酒がまったく駄目かと言うと、そういう話ではないと思います。僕は上手にお酒と付き合うようになって体調が良くなりました。

 

 

今までは缶ビールを3本に日本酒などを飲んでいましたが、この飲み方を止めました。ビールは風呂上がりなどに、レギュラー缶を1本飲むようにしています。喉越しの快感を楽しんでいます。

 

 

そして、その後は、蒸留酒にしています。ちょっと高めのウィスキーを少しだけ水で割って飲んでいます。アルコール度数が高いので酔いもまわり、少量でも満足できます。また、飲んだ後の香りも楽しまるようになりました。

 

 

お酒の飲み方を醸造酒中心から蒸留酒に切り替えてから、次の日までお酒が残らなくなりました。疲れも残らなくなり、元気に仕事へ行けます。ストレスを感じたら、上手にお酒を利用して気分を変えています。

 

 

そうそう、毎朝、黒酢ニンニクのサプリもしっかりと飲んでいます。肝臓の働きも良くなるようです。これを飲むと、さらに元気度が上がって仕事が捗ります。

 

 

■関連記事
>>熟成黒酢にんにく(健康家族)の口コミと効果

 

 

黒酢にんにく