暑くて寝苦しい夜、エアコンをつけっぱなしするのが快眠の秘訣

しじみにんにく

暑くて寝苦しい夜、エアコンをつけっぱなしするのが快眠の秘訣

熱帯夜で寝れない…、暑くて寝苦しい夜、エアコンにタイマーを設定して寝ていませんか?その使い方は間違っています。快眠できません。設定温度27度でつけっぱなしで寝てみると…。その快眠効果は?

 


夏の熱帯夜、快眠のためのエアコンの使い方は?設定温度は?

暑い日が続きますねー。
暑い夜は、まともに寝れません。

 

 

しっかり寝ないと夏バテしてしまうので、
エアコンを付けて寝ます。

 

 

寝る前にエアコンを付けて部屋を冷やし、
1〜2時間後にタイマーを掛けて寝ます。

 

 

しかし、エアコンが切れると目が覚めます。
暑くて寝苦しいので起きてしまいます。

 

 

仕方がなにので、再度、エアコンのタイマーを設定します。熱帯夜でどうしようもない時は、さらに設定温度を下げますね。24〜25度に下げてしまうこともあります…。

 

 

でも、これだと冷やし過ぎです。朝起きると体が重く、頭が痛くなっていることもあります。「失敗したな〜」と思いながらも、寝苦しさには勝てずに、同じことを繰り返していました。

 

 

昨日、TBS番組「駆け込みドクター!」を見ていたら、快眠術が紹介されていました。なになに?

 

 

えっ、「エアコンは寝ている間もつけっぱなし」が良いとか?

 

 

マジで。エアコンを就寝中もONにし、室温27℃、湿度50〜60%を保つのが快眠のコツのようです。そして、扇風機は壁に向ける使うのが良いそうです。それによって、直接体に当たることを防げますし、気流が起こるので、涼しく感じるそうです。

 

 

早速、試してみました。エアコンを27℃に設定し、朝までつけっぱなしです。扇風機を弱めに設定し壁に向けて、こちらもつけっぱなしです。

 

 

すると、朝までぐっすりです。凄い〜♪

 

 

夏の夜にぐっすり寝れたのは、子供の時以来ですよ^^

 

 

バッチリ快眠できました。質の高い睡眠ができました。その証拠に、寝た時の姿勢のまま起きることができました。寝苦しい夜だと、あっちこっちへ寝返りの打つでの、まともなスタイルで起きません。それが、お腹に毛布がかかった状態で、しっかり上を向いたまま目が覚めました。もちろん、目覚めもスッキリです。体も重くありません。

 

 

夏の暑さで快眠ができない方、そのために疲れが残ってしまっている方、暑い夜のエアコンと扇風機の使い方を工夫してみると良いですよ。効果てき面です。

 

 

僕は、快眠で疲れが取れましたよ。例年だと夏バテが始めるこの時期、今日は元気ハツラツと仕事へ向かえます^^

 

黒酢にんにく